----------------------------------------------------------------------

***

燃料計の残量表示調整方法




燃料を完全に抜き、ボディカウルを取り外す。(燃料タンクは外さなくてもよい)


フローターの取り付けネジ4個を外し、フロートを取り出す。


フロートの支持棒を角度、約30度程伸ばす。(上記写真と比較参照)


支持棒の先端をヤスリで削りフロートを取り外す。

支持棒を12mm幅で、支持棒に対して角度、約40度で折り返す。

フロートを縦に差し込む。(曲げた支持棒を気持ち湾曲させておくと
ゆるみがなくなり、フロートが安定します。

いったん、フロートをタンクに戻し仮止めして、ガソリン注入口から針金等
のフックでフローターを持ち上げ壁に接触していない事を確認して下さい。

フローターの動作が確認できたら、再びタンクから取り出し、フロートの胴を
細ステンレス針金で支持棒に固定する。
問題がなければ、フローターを元通り組付ける。(フロートの向きに注意)


◎ 支持棒を30度程伸ばすことで、支持棒の回転半径が大きくなり、メーターの
残量表示範囲が拡大しますが、FULL表示が実際の満タンより少なくなります。
メーター表示”E”段階で残燃料が約1〜1.5Lになります。
また、支持棒を伸ばしすぎるとタンク側面に接触し、フロートが動かなくなります。
十分に動作することを確認してから、本組みして下さい。
使用者の認識の範囲で長さ、角度を調整して下さい。


この改造による損害、障害が発生しても当店は一切の責任を負いません。
すべて、自己責任において行ってください。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ALICE 鈴木屋
栃木県鹿沼市銀座2−1280
電話 0289−64−1111(代)



TOP