簡単プーリーの使用限界チェック方法


車体の左側のステップを外します。



ミッションケースを開け、プーリーを取り外してください。
最初にケースを開ける時、ネジが硬いことがありますので、ネジの
頭をナメないように注意深く開けて下さい。
ケースのネジは以下の通りです。
中央に大1本、左右端に中2本、周辺に小8本、の11本あります。

* プーリーを外さなくても、マーカーを書く事はできます。



プーリー本体の斜面に、油性マーカーで線を上下に2本書きます。
線を上下に2本引くのは、視認性を良くする為です。



プーリーを取付け、最高速度になるまで走行した後、再びプーリーを外します。
ベルトで擦ったマーカー部分が消えているのが解ります。

* プーリー取り付けの際、ボスにグリスやオイルを塗ってはいけません。
ベルトがすべって動けなくなる場合があります。



このテストで解る事は
ベルトで擦られて消えたマーカーラインの残りの量で判断します。

○ 残り 10mm以上 ------- 何か問題があります。セッティングを確認しましょう。
○ 残り 5mm ------ ノーマルでこの位です。まだ限界速度に達していませんので
ウエイトローラーを少々換えて見ましょう。約10km/h程度余裕があります。
○ 残り 2mm以下 ---- ほぼ、使い切っています。変速は最大になっており、これ
以上の最高速はエンジンの最高回転数による事になります。
○ 残り 0mm ---- 少々危険がともないますが、ベルトがプーリーの上に出ている
状態です。通常のチューンでは起こりません。



この改造による損害、障害が発生しても当店は一切の責任を負いません。
すべて、自己責任において行ってください。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ALICE 鈴木屋
栃木県鹿沼市銀座2−1280
電話 0289−64−1111(代)



TOP